遺伝子療法

遺伝子療法は、米国発のガン治療です。?20190614

ガン遺伝子療法の目的は、ガン細胞の悪性変化した遺伝子をなくして、正常な細胞に戻すこと。強力なガン抑制遺伝子(p53を中心にした、FUS-1TRAIL、IL-24と4つの遺伝子)を使用し、ガン細胞をアポトーシス(自死)へと導きます。通常のガン治療のように、いずれ効かなくなること(耐性の獲得)はなく、繰り返し投与することで効果が期待できます。

遺伝子療法の特徴

早期発見・治療はもちろん、「三大治療」や「免疫療法」が
効かなくなったという患者様にも推奨いたします。

  • 通院でできるガン治療。
  • 抗ガン剤、放射線治療が無効
    でも大丈夫。
  • 遺伝子療法は体力的に弱って
    からでもできることがあります。
  • 胸水、腹水があっても
    効果が期待できます。
  • 遺伝子療法は抗ガン剤耐性が
    解除されやすくなります。
  • ステージⅣでも諦めないで下さい。
各種ガンでも治療対象となります。

料金など

所要時間
1回約2時間
治療費(点滴)
1クール4回~8回(約1ヶ月間)150万円~250万円(税込)
※一般的には1クール(4回)が必要となりますが、状態に応じて総クール数は異なります。
予防費
遺伝子検査による予防相談 約60分 5,000円(税込)
予防施術(点滴)1回のみ56万円(税込)

※初来院の場合のみ初診料2,000円が掛かります。

各種クレジットカードがご利用できます。
MasterCard VISA JCB American Express

まずは当院のカウンセリングを受けて下さい。

遺伝子療法をお望みの方も、まずは当院のカウンセリングを受けていただきます。

  • がん相談のページへ
遺伝子療法とがん相談は
電話予約のみとなっております。
03-6906-6922受付時間 10:00~19:00
ページの先頭へ