お知らせ

2018.11.25

【腸内細菌が支える腸の7つのはたらき】

その3 吸収

 

栄養素の入り口は小腸とされています。
小腸はヒダ状構造で面積を広げており、広さにするとバトミントンコート半面ほどの広さがあります。また、絨毛と呼ばれる突起物があり、この表面から栄養が吸収されます。

 

それぞれの栄養がすべて吸収されるわけではなく、糖やアミノ酸、ペプチド、ビタミン、ミネラルなどの栄養分は、それぞれ専用の入り口から厳密にコントロールされながら吸収されています。

 

また、体内に必要としない栄養分や異物は体外に排泄されます。細菌やウイルスといった外敵から身を守るために免疫システムも備わっています。

 

この免疫システムに関与しているのが『腸内細菌』です。腸内細菌を増やして、丈夫な腸粘膜をつくることが健康への第一歩です。
抗生物質や食品添加物、化学物質を不用意に取り込むことで腸内細菌や腸粘膜が傷つきます。また、大量の飲酒やミネラル不足も腸粘膜に穴が空きやすくなるため気をつけたいところです。

 

多くの種類の善玉菌を取り入れ、食物繊維を取ることで、腸内細菌は増えます。

 

色々な食材を食べてることが、この多くの種類の善玉菌を増やすコツです!

 

難しい方は、植物原料のサプリメントから摂るのもオススメです!

 

風邪を引きやすい、アレルギー体質の方。
まずは腸から健康になりませんか???

来院予約はこちら(完全予約制)来院案内

疑問や不安に思うことは、ご予約の前にお電話にてご相談ください。

  • ときわ台メディカルクリニック 板橋区常盤台4-17-4 光陽ビル2F
  • 03-6906-6922受付時間 10:00~19:00
  • ときわ台メディカルクリニック
診療時間
10:00〜19:00 × ×

[休診日] 火曜・日曜・祝日 ※学会、その他により休診する場合もあります。

ページの先頭へ