お知らせ

2019.01.17

【腸内細菌が支える腸の7つのはたらき】

その4 『排泄』
便には体内の不要物・有害物質も含まれています。たとえば、痛風の原因でもある尿酸です。

尿酸といえば腎臓で処理され尿から排泄されます。最近は、大腸からも排出されるとわかりました。他にも、薬物や環境ホルモンなども便から排出されています。

 

便秘をすると、それらが排泄されずこのような毒素がいつまでも体内にとどまることになります。そうやって、気づかないうちに体をむしばんでいるのです。

 

排泄をスムーズにするには短鎖脂肪酸がカギとなります。腸内細菌が食物繊維をエサに生み出すのです。この短鎖脂肪酸がぜん動運動を活発化し、排泄がスムーズになります。

 

食事のバランスが崩れるとこの腸内細菌のバランスも崩れて、短鎖脂肪酸の乱れにつながります。

だからこそ、食事のバランスが大事になるのです。

 

また、食物繊維にも種類があって「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つがあります。

水溶性食物繊維は、便の水分を保持して排便のスムーズさに。不溶性食物繊維は、便のかさを増すだけでなく、不要物をキャッチします。

 

主に腸内細菌のエサなるのは、水溶性食物繊維になります。たとえば、りんごや海藻、こんにゃくなどです。

一方、不溶性食物繊維はサツマイモやゴボウに多く含まれています。

こちらは水分を取らない人が多く摂りすぎると逆に便秘を悪化させてしまうため要注意です!

これらを理解して食事を摂ることをおすすめします!

 

また、改善する前に腸内洗浄をしてから始めることがオススメです😊
洗浄後は善玉気が腸まで届くサプリメントはさらに効果的です❣️

 

ぜひ、参考にしてみてください!

来院予約はこちら(完全予約制)来院案内

疑問や不安に思うことは、ご予約の前にお電話にてご相談ください。

  • ときわ台メディカルクリニック 板橋区常盤台4-17-4 光陽ビル2F
  • 03-6906-6922受付時間 10:00~19:00
  • ときわ台メディカルクリニック
診療時間
10:00〜19:00 × ×

[休診日] 火曜・日曜・祝日 ※学会、その他により休診する場合もあります。

ページの先頭へ